エルザ運輸 引越し 荷造りのコツ

荷造りについてのご説明

荷造りの上手・下手で同じ車でも積める量は変わって来ます。
ポイントは積み重ねが、出来るか出来ないかと言う事です。
組み立て式の物でも、上に荷物が積み重ね出来る様な物でしたら、
むしろ分解しない方がいいと言う場合もよく有ります。
いくつかちょっとした荷造りの注意点を、紹介してみました。
参考にしてください。

冷蔵庫・洗濯機

庫内を空にしてコードを外して束ねておいて下さい。
扉、蓋をガムテープで止める必要は有りません。又、積込み後パット、毛布などで保護しますので、とくに梱包はしなくても結構です。

テレビ・オーディオ他家電

全て繋がっている機器を取り外して、コードを束ねておいて下さい。

衣装ケース

衣類など軽い物は入れたままで構いませんが、本、CD、ビデオなど重たい物、
壊われ物は入れないで下さい。大変危険です。

ベッド

一部折り畳み式の物も有りますが、ほとんどの物が組み立て式になっています。
分解にはドライバーか六角レンチを使いますが、工具は通常買った時付属品として付いて来ています。
一般的にはネジをちょっと緩めるだけで、簡単に分解出来るように造られています。
ただ通販の物に付いては、大変複雑に成っていたり、一部二人作業でないと出来ないような物も有ります。

本棚・ラック類

とくに大型の物を除いて、組み立て式の物でも分解する必要のない場合もよく有ります。
ご予約の際にでもご相談下さい。

食器棚・サイドボード類

ガラス戸が開いたり、外れたりしない様に、養生テープで止めます。
スライド式のガラス戸でしたら、外して頂いても結構です。
※ 養生テープがない場合は布テープで軽く貼ります。
紙のガムテープは使わない 方が良いでしょう。剥がす時のりが残って汚くなってしまいます。

ふとん

出来れば圧縮袋などよりも昔ながらのふとん袋がベストです。
また、ふとんの間にガラスや壊れ物を挟まないでください。大変危険です。

本・CD・食器

いずれもダンボールに詰めて、壊れ物は上部に明記します。
本、雑誌類もひもで縛ったりするよりもダンボールに詰めた方が積み重ねが出来て、
はるかに、たくさん積めるようになります。

ダンボール

ダンボールの選び方や詰め方も、車に積める量を左右する重要な要素のひとつです。
できれば大きさ、形は2〜3種類に統一します。余り小さい物も適当ではありません。
小さくてもみかん箱程度(身近な物で言うと電子レンジ程度)の大きさ以上の物が良いでしょう。
再利用のダンボールを使う場合は、必ず古いガムテープを完全に剥がしてから新しいテープを、 一枚しっかり貼って下さい。
又、ダンボールの天地を組むと言うのもタブーです。
底が抜けたり、歪んだりで、ダンボールが強度を失います。
基本通り両サイドをたたみ、前後を折り重ね、真ん中を端から端までしっかりと、
一枚のガムテープで止めて下さい。

 

ページ上部へ
 

最終更新日:2017年6月23日      Copyright(C)単身引越しの赤帽 エルザ運輸. All Rights Reserved.

引越しのエルザ運輸HOME引越しサービスの内容梱包資材荷造りのコツ発注からお引越しまでの流れ単身引越し営業エリア情報
よくあるご質問簡易概算見積もり単身引越し予約状況確認お問い合わせ会社概要リンク集サイトマッププライバシーポリシー